FC2ブログ
女装

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗の拳 見どころ

199X年、地球は核の炎に包まれた。
すべての生命は、息絶えたように思われた。

しかし、人類は死に絶えてはいなかった!

力と暴力が支配する世界で、強いものが弱いものを虐げて、ほしいままにしていた。

そこに、世紀末救世主が現れた。北斗神拳正当伝承者の、ケンシロウである。

北斗神拳は、秘孔を突くことにより、体の内部から破壊する。

一方、南斗神拳は、外部の破壊を特徴としていた。

「北斗と南斗、争ってはならぬ」という、師の教えに背いて、南斗のシンは、ケンシロウに挑戦して破り、ケンシロウの最愛の人、ユリアを奪った。しかし、ユリアはシンを愛することを拒否した。

「ならば、ケンシロウを処刑しよう。それを、止められるのは、ユリアおまえだけだ」
と、言って、シンはケンシロウの胸に、指をぶすりと突き刺す。
「普通の人間ならば、指一本で死んでるところだ。お前は、何本目で死ぬかな?」

ケンシロウは、激痛に耐え、ユリアがシンの言うことを聞かないように、懇願する。

三本目の指が、ケンシロウに突き刺さっても、ユリアは沈黙したままだった。
それを見た、シンは「なら、死ね!」と言って、四本の指を一度にケンシロウの腹に突き立て、次第に深々とめりこませていく。

死を覚悟したケンシロウは、ユリアに生きてくれ、と願う。
ユリアは、「愛します」と小さな声でささやく。
「聞こえんな」と、シン。さらに、指を突き立てる。

「あなたを愛します。一生、どこへでも着いていきます」と、ユリアは、シンに懇願し、ケンシロウは荒野に置き去りにされる。

そして、地獄から戻ってきたケンシロウは、シンの軍団を次々と破り、ついにシンの居城サザンクロスへと乗り込んでくる。

シンとケンシロウの実力の差は、今では明らかであった。

「なぜだ!なぜ、お前はこれほどの力をつけた?」と、シンは問う。

「執念だ。お前に教えられた執念だ」

「では、お前の執念の元を断ち切ってやろう」と、シンは言って、ユリアを突き殺す。
「ははは、これでお前の戦う意味もなくなったろう」と、シンは高笑いする。

しかし、ケンシロウは、怒り心頭に達し、「お前だけは殺す!」と、シンを追い詰め、バラッディクロスの形に秘孔を突く。

「俺の命はあと、どれくらいだ」
「3分だ」
「そうか」
ケンシロウはユリアの元に駆け寄る。しかし、それは人形であった。「これは!?」

「そうだ、俺とお前の戦いは終わっていないんだ」と、シンは涙を流しながら、ユリアが自ら建物の屋上から身を投げたことを離す。

シンは血を吐き、「そろそろだな」と言って立ち上がる。「しかし、お前の拳法では死なん!さらばだ!」と、言って、シンは建物から身を投げる。

ケンシロウの戦いの日々は、続き、南斗の将を次々と倒した。

そして、最後に残った。南斗最後の将、その正体とは?

第96話 ジュウザ倒る!俺は命を捨てても愛する女を守ろう!!
今日まで、配信です。お早目に。
関連記事

テーマ : ヲタクのメモ - ジャンル : 日記

コメント

fbpziqh@outlook.com

女装コスプレイヤー大空恵が提供する、いろいろ面白いこと 北斗の拳 見どころ
<a href="http://www.g0t13wf5c21db807tvwy8240wa1ini89s.org/">avhmxvhkmdv</a>
[url=http://www.g0t13wf5c21db807tvwy8240wa1ini89s.org/]uvhmxvhkmdv[/url]
vhmxvhkmdv http://www.g0t13wf5c21db807tvwy8240wa1ini89s.org/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。