FC2ブログ
女装

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大リーグボール1号の秘密

 大リーグボール1号は、投球がバットに当たってフライや凡打になる魔球である。

なぜ、バットに当たるのであろうか?

打者は、暴投にびっくりしてよけようとする。そのよけたバットに投球が当たるのである。

けして、打者のバットをそのまま狙っているわけではない。

大リーグボール1号は、またの名を「予測の魔球」と言う。打者がどう動いて、バットがどの位置にくるかを予測して投げるのである。

なんで、そのようなことができるのか?

それは、まず飛雄馬の針の穴をも通すような人並み外れたコントロールが必須の条件である。

そして、飛雄馬はさまざまな修行の後に、打者の微妙な筋肉の動きなどから打者の動きをなかば無意識的に予測できるようになったのである。

大リーグボール1号を最初に打ったのは、花形であった。

構えのまま、微動だにもせずに投球を待つ。ボールはバットが動かないという予測のもと、そのままバットに直進する。

花形は、球がバットに当たったとき即座にバットを引き、そして振りきる。
打球はホームランとなるが、花形はベースを回っている最終に倒れてしまう。

無理な体勢から、球を渾身の力をふりしぼって打ったために、全身複雑骨折してしまったのだった。

花形は特訓で鉄球を鉄バットに当てて、はねかえすという無茶な練習を工場でやっていたのであった。

この打法の欠点は一回で全身複雑骨折することと、強靭な打力をつける猛練習が必要なことである。

だから、必死の覚悟がなければならないので、大リーグ1号を打ち込もうとするのは、左門くらいだったが、意外なことに外人選手が打倒に志願した。

しかし、すでに1号は改良されていた。

さらにコントロールを磨き上げて、バットのグリップにあてることにしたのである。

もう、この魔球を打倒することはできないと思われたが、ここでふたたびオズマが登場するのである(続く)


ランキングに参加してます。ポチとお願いします。

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

関連記事

テーマ : おもしろアニメ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。